.css">
  • HOME
  • 製品について

PRODUCTS

製品について

About HD-TVI
(High Definition Transport Video Interface)

社は2014年に、監視カメラ市場向けの新技術「HD-TVI(HDトランスポートビデオインタフェース)」を発表しました。この新技術は従来のアナログケーブル(同軸ケーブル)を使いながらHD画質の映像伝送が可能であることから、「HDアナログ」と呼ばれ、業界の注目を集めています。これまでにHikvisionや、AVTech、IDIS、TVTなど多数の主要な監視カメラメーカーに採用されています。

HD-TVIは、非圧縮HDビデオ信号を取り込み、アナログ伝送技術を活用して、標準的な低価格の3C-2V同軸ケーブルにより500メートル以上の距離を伝送できます。この技術の場合、映像の符号化や復号などのデータ圧縮処理が不要なため、伝送遅延が生じないというメリットがあります。イーサネットなどデータ圧縮が必要な他方式に比較して、圧縮処理が不要なため、周辺回路の低コスト化やリアルタイム性の求められる用途で強みがあります。
また、デジタルLVDS伝送に比較して長距離伝送が可能であり、ケーブルコストも低く、伝送の信頼性も高い点が特徴です。

HD-TVIテクノロジーは、車載インフォテインメント用途にも適しています。低コストのシールド無しツイストペアケーブルと低コストのコネクタを使いながら、信頼性の高いHDビデオ伝送を実現できるためです。次世代のHD監視カメラおよびHD車載カメラに適した「HD-TVI」技術。HDビデオ市場の変革をぜひご体験ください。

SURVEILLANCE
CAMERA SYSTEMS

監視カメラシステムについて

存の同軸ケーブルをそのままに、監視カメラの映像をフルハイビジョンで長距離伝送できる半導体を設計開発しています。特に、既設建物の設備更新であれば既に敷設済みの配線インフラを活用でき、設備投資コストの削減が可能です。

伝送方式は、「HD-TVI」と呼ぶ、当社の独自規格を用いています。監視カメラに組み込んで、映像を送信する半導体(トランスミッター:Tx)と、映像記録装置に組み込んで、映像を受信する半導体(レシーバー:Rx)をラインアップしています。VGA規格(480p)画像から、4K画像(2060p)までを、500m以上、低コストの同軸ケーブルで伝送可能です。
また、ISP(イメージシグナルプロセッサー)とTxを一体化した半導体を開発、さらには音声機能も付加した半導体も開発しており、当社半導体の需要家であるカメラメーカーでの部品間調整が不要/簡素化が可能となるようトータルソリューションを提供し、採用製品の拡大戦略を進めております。

今後はCMOSイメージセンサーの量産化や、ドアフォン用に画像・音声の両方を処理する半導体も展開していきます。

上図で青色で示す半導体は当社が量産しているものです。

Rx

HD-TVI 5.0 Video Surveillance Receiver Chipsets

4チャネル、3~8メガピクセル対応のマルチスタンダードレシーバーIC

TX+ISP
統合型

HD-TVI 5.0 Video Surveillance ISP Chipset

3~8メガピクセル対応のISP統合型トランスミッターIC(音声同軸伝送機能に対応)

用語説明
「4チャネル」カメラ1台を1チャネルとして、カメラ4台からの画像を1つの半導体で処理できます。
「3~8メガピクセル対応」画像の解像度です。テレビや映像コンテンツでいうと、3メガピクセルはフルハイビジョン画像、8メガピセルは4k画像に相当します。

IN-VEHICLE
CAMERA SYSTEMS

車載カメラシステムについて

動車のリアカメラ(バックカメラ)システム、ドライブレコーダーや、サラウンドビューカメラシステムで映像をやりとりするための半導体を設計開発しています。カーナビなどのディスプレイに、フルハイビジョンの映像を表示できます。映像の伝送に加えて、カーナビ・ドライブレコーダー・電子ミラーの液晶ディスプレイの表示を制御する半導体(LCDコントローラー)も設計開発しています。

伝送方式は、「HD-TVI」と呼ぶ、当社の独自規格を用いています。リアカメラなどに組み込んで、映像を送信する半導体(トランスミッター:Tx)と、カーナビゲーションシステムなど車載機に組み込んで、映像を受信する半導体(レシーバー:Rx)をラインアップしています。映像を圧縮せずに伝送するため遅延が少なく、伝送時のノイズも少ないのが特徴で、画像表示のわずかな遅延が事故につながってしまう安全装備としての車載カメラには最適といえます。

Rx

HD-TVI Automotive Receiver Chipsets

車載グレード、1または4チャネル1080p/720p/NTSC/960h/D1対応のレシーバーIC、MIPI CSI-2出力対応品もあり

HD-TVIレシーバー内臓液晶ディスプレイコントローラーIC

Tx

HD-TVI Automotive Transmitter Chipsets

車載グレード、QHD/1080p/720p対応のトランスミッター/ISP統合型トランスミッターIC、HDR機能・魚眼補正機能対応品もあり

用語説明
HDR機能:High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略称、画像各部の明るさを補正する機能
魚眼補正機能:広角・魚眼レンズ使用時に画像の中心部と外縁部の大きさが異なってしまうのを自然な平面画像に補正する機能

NEW PRODUCTS
IN THE FUTURE

今後の新製品について

監視カメラ用CMOSイメージセンサー

サンプル出荷準備中、2022年に量産開始の見込み
(CMOSイメージセンサーとは、カメラのレンズがとらえた光の画像を電気信号に変換する機能を持つ半導体です)

ドアフォン用半導体

サンプル出荷準備中、2022年に量産開始の見込み
(マンションの集合玄関と各戸をつなぐドアフォンに向け開発しております。すでに監視カメラで実現しております画像と音声を混載する伝送技術の拡大用途です。)